ブックオフ

ブックオフに本を売りに行った。
どうしても二度買いしてしまうものがあって、そういうのが20冊程度たまると売りに行くようにしている。
基本的にブックオフは美品かどうかが評価の基準であってあまり価値にはお金を払わないという感じだったのけど、今回は衝撃的な買い取り価格だった。
22冊で550円。。。1~2年前なら1000円超えていたと思うのだけど。
明細をみると包装カバーすら破っていない新品中の新品であっても20円という無残な値付け。
状態を確認するまでもなく、ぱぱっとバーコードを通すだけで査定を終えていたので、きっと作品毎に基準価格があるのだろう。
なんせ昔50円で買った無限の住人を70円で買ってくれるんだもん。笑うしかない。
映画化の影響なんだろうなぁ。

捨てるよりかは少しでもお金になるのならと思って今後も利用はするだろうけど、利用するのはあくまでも買い取りのみ。
昔はあんなにファンだったのに、今や行きたいとも思わなくなってしまったのが悲しい。
売りに行っても、ここで買おうなんて気は起きない。
そらぁ、売り上げも下がるわなぁ。

いつも以上に寂しさを感じて店をあとにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。