ロースハムブロック

■播州ハム

◯ロースハムブロック

早くも、といっても大晦日ではあるのだけど真打の登場だ。
今年もまた絶品のロースハムでうはうはの一夜になるのだ。
肉も美味いし、脂も美味い。いや、脂こそ美味い。熱いご飯の上でとろける脂がたまらない。
こいつのおかがでどれだけご飯が進むことか。
あー、この正月もさらに肥え太ってしまうのか。。。
でも、やめられない。この美味さは、一年を使って楽しみにするだけの価値がある。
これを食べてようやくに一年が締まった気がする。
来年も頑張ってこの喜びに与るぞぃ。

粗挽きソーセージ

■播州ハム

◯粗挽きソーセージ

お肉の味がしっかりとあるので何もかけなくてもいいのだけど、どうしてもケチャップをかけたくなる。
これはもう性だ。ウィンナーにせよソーセージにせよ、まずはケチャップが恋しくなってしまう。
とはいえ、このソーセージではやはりケチャップは少し余計だ。
何もかけないかせいぜいマスタードぐらいが適当なんだよな。
脂分が少ないので、肉々しいったらない。シャウエッセン程度に考えていると、ちと勿体無いことになる。
来年は是非とも美味いマスタードを用意しておくことにしよう。

鴨のコンフィ

■一湖房

◯鴨のコンフィ

要するに骨つき肉なのだけど、面倒くさそうなのでいつも頼んでいなかったのに、今年はなぜかオーダーしてしまっている。
うーん、何かと勘違いしたのかなぁ。
予め火が通っているししっかりと味付けもされているので手を加える必要もないのだけど、フライパンで皮がキツネ色になるまで加熱するとちょうどいい感じになる。
脂がたっぷりとついてきたのでジャガイモをそれで揚げてご飯代わりにすることにした。”欧米かよっ”と思わず突っ込みかけてしまうけども、なるほどジャガイモが主食になるというのはなんとなく分かる気がした。
ふかふかにしたジャガイモだとお肉ともよく合うのね。
ま、お試しということになるのだろうけど、あまり普通のチキンとは変わらん気もするなぁ。

鴨ペースト

■一湖房

◯鴨ペースト

鴨のひき肉に香味野菜と豆のペーストということで、バゲットに塗りたくって頂くなりカナッペにでもすると美味そうなのだけど、当然ながらそんな洒落たものはうちではできない。
なので、贅沢に一瓶使ってパスタにしていただくことにした。ひき肉にはしっかり味がついているし、香草も入っているのにパスタの具にはちょうどいい。量がちょっと足りないので塩を足した上で、オレガノと一味をふりかけてやれば味もしっかりとしたものになる。
それにしても、鴨の脂は絶品だ。パスタにしてもその旨味は活きてくる。
いつもよりは少し少なめに、でも普通よりは随分と多めに作ってみたが、一口食べただけでパクパクと食べる勢いは最後まで落ちることはなかった。
ちょっとリッチなパスタを、と考えるとこれはいいのかもしれないな。

去りゆく2015年

サンテレビの「御家人斬九郎」→「キャメロット」という流れが地味に素晴らしい。
穏やかに年越しを過ごすにはなかなかにいい(ま、「キャメロット」は何気にエロいところもあるけれども)ラインナップで、ぼーっとみているとあっという間に新年に入ってしまう。
去年の「大聖堂」といい、年末のサンテレビはよい仕事をしている。阪神とアニメだけじゃぁないんだよな。

それにしても、MacBookに接続したUBSの調子が悪くてBDのコピーがなかなかに捗らない。
今年は伝説の王様とUSBの不可思議さに包まれて送ることになりそうだ。

2015年の締め

今年は去年度とは違ったポストについて、ずいぶんと楽にな。。。るはずだった。
なのになんだ。
最後の最後まで、事務処理でてんてこ舞いとは。
計画の立案、各種決済、社内での調整、部下の指導、建前上では権限がないのに去年と同様にやっている現実があって、気がつけば「影の支配者」なんて言われるほどに。。。
いいんか、いいんか、いやぁ、いかんだろ。
だーっ!
と叫びたくても、本来事務処理をやる部下たちがことごとく有休で先に休んでいるのはまいった。
俺のハンコじゃダメなのにぃ。

と、まぁ半年ごねたり投げたり諦めたりしたものの、去年ほどには酷い一年にはならなかったのでこれはもう受け入れるしかない現実なのだろう。
今しばらくはどうあって今のポジションから外れることができないようだ。
正直、こんな人間を要に置かざるを得ないうちの会社も可哀想なもんだが、かわいい部下や後輩たちのためには、もう少しは頑張らなんといかんらしい。
あー、この諦観が今年一番の成果なのかも。

来年もまた「ま、厳しくも楽しくあったぜ」と言える一年にしたいものだ。

鴨ロース

■一湖房

◯鴨ロース

よくよく考えてみると「んめぇぇぇぇっ!」というほどに美味いわけではない。
しかし、なにかやめられない旨さがある。これが一湖房のロースの秘密だ。
少し厚めにスライスして醤油ベースの煮汁に浸して食べていると、250gのロース肉はあっという間になくなってしまう。
酒のあてでもご飯の友でもいいのだけど、食材にせずにそのままで頂くのが一番美味い。
皮も脂も肉も噛むほどに味わいが弾けだす。
熱いご飯と一緒にかきこむと。。。やっぱり、うめぇなぁ。。。
これだからやめられんのかも。

鴨そぼろ

■一湖房

◯鴨そぼろ

なんと言っても「甘くない」。これが一番の特徴だ。
ま、大阪人的好みでいうと甘辛が至上なのだけど、こういう山椒がぴりりときいて味付けが控えめなのも悪くない。
特に脂がいい。鴨のうまみをたっぷりと吸った脂が熱いご飯の上で溶け出すことで実にコクのある旨さを楽しむことができる。
例年そぼろご飯にして頂いているけれども、卵とじにしてもきっと美味いことだろう。
とはいえ、やはり「甘み」は欲しい。少しでも甘さがあると絶品なんだけどなぁ。。。