Mountain Lion

OSX 10.8″Mountain Lion”、さっそくにアナウンスのあった25日の深夜に入れてみたのだけど、これがまぁ、なーんにも変化がないというか”新しいエクスペリエンス”がなくて、ちょっとずっこけてしまった。

iPhoneもiCloudもFacebookもtwitterも使わないスタンドアローン環境の者にはあまりご利益のないバージョンアップだったと思う。
前のLionもそうだけど、Snow Leopardほどの驚くような違いがないんだよなぁ。
あるのは使えなくなったアプリがいつか出来てきたというマイナス面だけで、期待のPower NapもうちのMacBookでは使えない。
夜中に4GBの落として来て、見た目には何も変わらないというのは寂しい限り。
メモやリマインダーなんかも仕事でない限りは使わないし。
OSXのHPを見にいって改めて変更内容を見てみたけど、興味を引くところは全くなし。
なんだかなー。

とはいえ、Appleだから別にこういうのはあり得ることだ。
彼らは決して八方美人には振る舞わない。
大きな反対の声があったとしても、自分たちのターゲットにのみ注力してそれ意外の存在は平気で無視を決めこむ。
ビジネス的には間違いではないし、それはもう彼らの伝統でもあるから結果的には納得も得られる。

ま、仕事帰りに軽く一杯ひっかけた程度のコストだから四の五の言ってもしょうがないけど、うちのMacBookのモデル的にはもうこれが最後のバージョンアップかもしれないから、ちょっと悲しかったんだよねぇ。。。

蝉の声

今年はあんまり蝉の鳴き声を聞かない。
無論地域差があるので「いや、うちの近所では日がな鳴いてるよ」という知人もいるのだけど、うちの近所では日中は全くと言っていいほど聞かない。

そう、日中は。

比較的気温が高くない朝と夕方にだけ鳴くんですなぁ。
朝起きた時や、今日のような休日の夕方に家にいる時だと耳にするのだけど、日中は実に静か。おかげで夏であることを忘れてしまいそうになる。

静けさや 蝉も鳴けない この暑さ

てな、ことでしょうか。

都会におるとなかなかに季節の気配を感じられなくて寂しいもんだ。

映画「けいおん」

よーやくに鑑賞することができた。
さすがに映画館に行くことはできなかったので、自宅でじっくりと堪能させてもらったけど、実に「けいおん」らしい”なーにもない”物語だった。
今回は彼女達がロンドンへ卒業旅行に行くという事で、ロンドンを舞台にさぞやあれこれと騒動を起こすのかと思いきや、実にあっさりと帰国しちゃって思わず目が点に。
この中心のない”ケ”っぷりが「けいおん」の真骨頂なのかもしれない。
なので、映画館で初めてこの作品に触れた方は本当に御愁傷様というか、面白くなかったのはご自身の感性の問題ではなく、前提の問題なんですよ言ってあげたいぐらいに難しい作品なんだよな、これ。
もうちょっとマイナーだったらOVAで済ませられたものを。

でも、パッケージは毎度の事ながらの充分に満足できる出来映え。
3つもあるコメンタリ副音声に、本編より長い特典ディスク、そしてちょっとした凶器になりそうなほどに分厚いコンテ集。
個人的には値段に見合った内容だと思うし、これはもともと好事家を意識したようなセットなのだからそういう意味でも妥当なもんだと思う。

おそらくこれで本当に「けいおん」の世界はフィナーレを迎えたことになるだろう。
原作も秋には最終巻が出るし、もうコンテンツとしてはやれることはない。
ま、あとゲームが出るかもしれない、ぐらいかな。
なのである意味、梓というのは見ているこっちの側を代表しているようなもので、その梓への想いを全編通して描ききった映画版は非常に意義深いものにも感じる。

不思議とこの映画版を見るとまた第一期を見たくなってしまうところがあるのだけど、これが実に危険なことで、続けて映画版まで見てしまうとまた第一期に戻るという不条理な円環に陥ってしまう。
恐ろしい作品だ。
気持ちのリセットがきかないんだもんなぁ。
スタッフの半端ない思い入れが詰まった作品だからこそ起きる魔法なんかもしれない。

とにかく今週の休みは「けいおん」で終わることになる。

心亡しい

いやー、週休二日が一日になってしまったせいか、休日があっという間に終わってしまい、エントリを更新する暇も。。。ま、あるんだけど、優先度が下がってしまいどうにもねぇ。
ま、夏休みの宿題の日記よろしく強迫観念にかられてやるのも本末転倒なので、あくまでも気が向いた時にすればいいのだけど、やはりちょっと自分でも「何か書けよ」とは思ってしまう。
なんせ、最大の読者は未来の自分なんだもの。
意外と自分自身を振り返る時には便利なのよね。

というわけで何か書いておこう。

レ・タンヌ・オクシタン

折角の連休(といっても月曜には普通に出勤だけど)なので、夏の風物詩であるツールを見ながらだらだらと酒を飲もうと思い、「なんか白いワインでいいのない?」と行きつけの酒屋の大将に相談して得たのが、「レ・タンヌ・オクシタン2010」というワイン。
なんでも今年は「かちわりワイン」という呑み方を提案しているそうで、氷をどばっといれてキンキンに冷えた状態でワインを飲みましょうという寸法なんだそうな。
「とにかく冷やしたらええんで、そないに高いワインやのうてもええんです」とまことに商売っ気のないことを宣う大将なのだけど、勧められた件のワインも実に安価に¥1,000ちょっと。
それでいて、冷やして飲むと実に呑み心地がいいんですな。

定番のシャルドネ品種なのですっきりとした呑み心地とともに、フルーティながら少し呑み心地のあるボディ感もあって、お値段に対しては呑み口の良さが数段上回ってる良いワインなのであります。
とりあえず、ペペロンチーノ、ナポリタンと定番パスタで腹ごしらえをしてから、オイルサーディンでじっくりと呑み口を楽しんだ後はグラタンで再び腹ごしらえ。
もうこの時点ですっかり酔ってしまって、肝心のツール開始まで意識が持たない始末で。。。

普段は一晩でワインを1本空けるなんてないのだけど「かちわり」の効能のせいか、あっという間に一本開けてしまったのには驚き。
明日から仕事なのだけど、大丈夫か。。。。
しかし、大将が薦めるだけあって、この「かちわりワイン」というの確かに心地よい酔いに誘ってくれる。
この感覚は日本酒にはないワインならではのものだと思う。

あー、やっぱりお酒って奥が深い。
時には権力と逆らってまでも守ろうとしたのがよく分かるな。
これを単なる麻薬として扱うのは実に持ったいない気がする。
やはり、心の澱を流れ落とす弁として貴重な存在であるに違いない。

とりあえず、ツールまでは持たんような気がしてならないなぁ。。。

iPod touch

少し前にiPod touchを購入した。
きっかけは以前から使っていたiPod photoのHDDが一杯になってしまったこと。
別に壊れたわけでもないし機能的に不満があったわけでもないのでHDDを整理して使い続けてもよかったのだけど、ちょうど手軽な情報端末を欲しいと思っていたところだったので思い切って新調することにした。

旅先にも携行したのだけど、ホテルの無料のLANサービスと組み合わせると簡単にWebを見れてしまうのは便利なことこの上ない。いまや手のひらサイズのWiFiルータがあるので、Webを見るまで1分もかからずに準備ができる。
今までならノートPCを持って行ったところが小さなiPodで済むのだから物理的なメリットは大きい。
とりあえずもう元はとったいう気分。

で、今一番そのメリットに与っているのが動画再生機能。
忙しくてなかなか家で見れない作品がまだ多くレコーダ内にあっていい加減不良債権化してきていたのだけど、iPodに移して通勤時にみることで一気にこの問題が解消できる見込みが出て来た。
なんせ、1週間で1クール分見ることができるのはでかい。
おかげで仕事の行き帰りのリフレッシュにも事欠かなくなったし、見るべき作品を見ることもできるし、一挙両得。

とても電話として使う気にはならないけど、情報端末としてはこれで十分なように感じている。
なんでもかんでも出来る不格好な十徳ナイフよりも、単機能の道具をいくつか使い分ける方が性にあっているので、今の選択には満足度が高い。
あとは市街地でのWiFiスポットが増えてくれれば文句ないのだけどな。

401K

401Kの手続きをした。
本当いうとしたくはなかったのだけど、会社としては例外なく全社員加入義務があるということで手続きをしないという選択肢がなかった。

大きな会社から徐々に401Kは広まっているようだけど、これほどに夢のない制度はない。
国や企業のメリットは分かるのだけど、国民や社員のメリットは殆ど感じられない。これで「夢のある老後」なんて噴飯ものだ。
へ理屈こねて最後の飴である退職金まで取り上げるなんて、この仕組みを広めた奴は本当に頭がいいと思う。

年金支給開始年齢を上げて、退職年齢を若くして、おまけに退職金は年金にすり替えて出さない。
それでいて転職の制度は全く整備されていなくて、本人任せ。
当然、自己都合の離職だと失業保険は殆ど機能しない。

あー、早く選挙でもやってくれんかな。

とある休日

先月末の骨休みから戻って来てから、既にあの休みが遥かなる太古の記憶に思えるほどにまた暇の無い日々が。。。って、もうこれが日常なんのだとしたら、大してニュースバリューはないのかも。

今日も貴重な休日をレコーダのHDDの整理をして過ごしていた。
既に残量が限りなく0になっていて薄氷を踏むような運用を続けてきたから、ちょうどクールの切れ目でもあるので、朝から晩までPCへの退避の繰り返し。
おかげで春アニメはいーっぱい観れたからいいけど、あんまり観ていると仕事する気がなくなるから加減が難しい。
ま、根からのぐーたらだからしょうがないのだけど。

来月には落ちついた日常を送れているかなぁ。。。

ルータ交替

日曜の晩からネットに繋がらなくなった。
どうにも前からルータがあやしい動きをしていたのだけど、とうとう不通になった。

ということで新たにルータを購入したのはいいのだけど、毎度ながらDHCPのリリースがなかなかされなくて実に困る。
どうにもZAQのDHCPサーバとMacの相性は抜群に悪い。
朝からルータの電源落としていたのに晩になってもリリースされてないんだもんなぁ。

四苦八苦して新しいルータに代えたところ流石にブラウジング速度は改善。
やはり、ルータが死にかけていたのは間違いないようだ。
しかしながら、今回新調したBuffuloのルータ、余計な機能がごちゃごちゃと付いていて邪魔でしょうがない。なかでもInternetようのフィルタがあって、これが設定画面では無効になっているのに、ばっちりと有効化されていてバリバリと通信を切ってくれる。
もうこれにはまってどれだけ時間を無駄にしたことか。。。
ま、最終的には無効化できたからいいのだけど、もうちょっとシンプルな設定にしていてくれたらいいのになぁ。

とはいえ、もはやルータも消耗品とできるぐらいに安価になっている。
昔は少し時代についていけなくなったPCをルータマシンに仕立てあげていて、そうするのが一番安価だったのだけど、いまや既製品を使い捨てた方がいいんだもんな。
なんだか時代の流れをこんなところで感じてしまった。